天地明察

c0135795_13382617.jpg
母が楽しみにしていた天地明察を観てきました。
ともすれば、

「あ~よく寝た~!」

な作品になってしまう題材も、
数学的脳細胞に欠陥のあるなべ子でも、
すーっとストーリーに入っていける、作品でした。

滝田洋二監督マジックでしょうか。
岡田君はじめ、錚々たるキャスティング。
日本は素晴らしい。
日本人でよかった。
先人達の血の滲むような努力があって、
今があることを、心に強く刻むことができました。

からん、ころん。
算額が風で触れ合って、鳴る音の素晴らしさ。
映画化されると、原作より薄くなってしまう作品も多い気がしますが
この音だけは、この文字では表現しきれない、美しさがあり、
印象的でした。

ちょっと残念なのが。
岡田君も、宮崎あおいも、サラ~ッと
いかんせん色気がない。
色恋が題材ではないにせよ、いやだからこそ、
夫婦が思い合う部分に、もうちょっと色気が必要だったような。

台湾ドラマの見過ぎでしょうか。
台湾の俳優さんは、どんなに若くとも、
自然な色気があります。
昔の日本の俳優さんだってあったような・・・。
[PR]
by mrs-nabeko | 2012-10-03 20:00 | おでかけ

湘南茅ヶ崎で家族三人のんびり暮らしています
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30