カテゴリ:思うこと・・・( 44 )

父の命日

c0135795_15153170.jpg
今日は父の命日です。
父とバージンロードを歩いた、わずか11か月後、
父は突然天国に籍を移してしまいました。
あまりに突然のお別れだったので、
聞いてみたいこと、一緒にしたいことが山のよう。
15年経っても、たぶんこれからも
それを想うと、悲しいのでしょうね。

パパ、そちらでお元気ですか?
私は幸せにしているので、
兄とママの身体を見守ってね。
[PR]
by mrs-nabeko | 2014-04-24 15:15 | 思うこと・・・ | Comments(0)

3月11日に思う

)

Chouchouさんの楽曲を知ったのはこれが初めてで、
透き通った声を心で聴くことができました。
その後、HPでこの曲を作った経緯、願いを知ることになりました。

http://chouchou.cc/songs/another_dawn.html

悲しみは永遠に続きますが
先立った者達の願いは
残された者が永遠に悲しみに生きることではないと
その思いで立ちむかっていらっしゃる多くの人のことを
サポートし続けることが、私にもできることなのかな、と
この曲に触れて、思うのです。
[PR]
by mrs-nabeko | 2014-03-11 14:46 | 思うこと・・・ | Comments(0)

父の姿

c0135795_14503671.jpg

父に名前を呼ばれて振り向くと、父は大抵カメラを構えている。
その口元はいつも笑っていたな、と
幼い自分の沢山の写真を眺めると、思い出すのです。
[PR]
by mrs-nabeko | 2013-09-30 14:51 | 思うこと・・・ | Comments(0)

悲しみの向こう側

Don't stop believin


リア、この耐え難い悲しみの向こうに
仲間と歌が待ってること、忘れないで!!

フィンとレイチェルと仲間のこの曲、ずっと忘れません。

c0135795_957954.jpg
Lea Michele ‏@msleamichele 7月29日
Thank you all for helping me through this time with your enormous love & support. Cory will forever be in my heart. pic.twitter.com/XVlZnh9vOc
[PR]
by mrs-nabeko | 2013-07-16 17:27 | 思うこと・・・ | Comments(0)

あれから2年・・・

震災では、胸が締め付けられるような写真や映像が残りました。
その数は膨大。

そんな中で、一番心に残った写真があります。

「岩手県宮古市の昆愛海(こん まなみ)ちゃん(4)が
22日午後、「ママに手紙を書く」と言い出した。

親戚の家のこたつの上にノートを広げ、色鉛筆を持つ。
1文字1文字、1時間近くかけて書いた。
「ままへ。いきてるといいね。おげんきですか」

そこまで書いて疲れたのか、すやすやと寝入った。
両親と妹は11日の東日本巨大地震による津波にさらわれ、
今も見つかっていない。(読売新聞)」
c0135795_17293495.png

この写真です。

まなみちゃんは、もう小学生になったのかな。
元気に学校へ通っているかな。
4歳でこんなに立派な手紙が書けるのだから、
きっと、頑張り屋さんで、勉強もがんばっているんだろうな。

私達にできることは、人生を最後まで全うすること。
自然災害をなくすことはできない。
でも減災ならできる。
311を風化させないこと。

まなみちゃんの乗り越えきた、
これから乗り越えていくことを考えれば、
うんと簡単なことだ。
[PR]
by mrs-nabeko | 2013-03-11 17:34 | 思うこと・・・ | Comments(0)

お疲れSummer 2012

c0135795_253881.jpg

       怪我や病気もなく、楽しく過ごせた2012年、夏休み。

              よかった、よかった、よかっ・・・

                 バタン(倒れる音)
[PR]
by mrs-nabeko | 2012-08-31 02:10 | 思うこと・・・ | Comments(0)

結婚記念日

c0135795_14232714.jpg

あれから~~~・・・んっ!?何年だ!?

一睡もできなかった朝。
壊滅的なミスがないだろうか、やり残したことはないだろうか。
気になって気になって気になって。
感傷に浸る間もなく、朝を迎えたっけなぁ。
頭がボーッとしていた一日。
どこか他人事のような。
でもやっぱりドレスを着て、メイクをしてもらって、
ベールを付けて、ブーケを持って、父と腕を組み、
バージンロードを踏み出す瞬間は忘れられない。

なべお 「やっぱり花束!?」
なべこ 「うん!でも自分で選びたい!!」
なべお 「はいはい。どうぞ。」

ということで、すたこらさっさー。
いつものお花屋さんで、悩みに悩んで、おはなやさんも巻き込んで、
いろいろ聞きながら、初夏らしく、グリーンにしようか~、
紫陽花入れて水色~、いや、やっぱりちょっとシックに・・・・
こんなアレンジにしました!
テーマは「長持ちするブーケ」

お花も結婚生活も長持ちしたいですよね。

なべおくん、いつもお仕事お疲れ様です。
これからも大笑いしながら過ごしましょうね!
そして、お互い身体に気を付けよう!
[PR]
by mrs-nabeko | 2012-05-23 14:25 | 思うこと・・・ | Comments(2)

3月11日

3月11日、あの日から一年経ちました。

あの日、あの時のことを思い出すと
記憶が曖昧な部分があったり、
つい数時間前の事のように、手の震えを思い出したり、
涙がこみ上げたりします。

家にいました。
キッチンに立って夕飯の下拵えをしていました。
時計を見て、そろそろまぼが帰ってくるわと思いました。

2時46分

キッキッキッ・・・

オーブンレンジのドアが音をたてました。

「?」

外で何か聞こえます。
窓を開けに行ったときに、家具が音を立てて揺れ始めました。

「玄関を開けなくては。閉じ込められる。」

そう思いました。玄関を開け放った頃には
いまだかつて経験のしたことのない揺れが襲いかかってきました。

「どこまで大きくなるの?まぼはまだ学校に居てくれるだろうか。」

外の電線がまるで大縄跳びのように揺れているのを見ながら思いました。

長い長い揺れでした。
震える手でテレビを付けました。
アナウンサーの叫ぶような声。

宮城震度7
大津波警報・・・

このあたりから時間の経過の記憶が曖昧です。

なべ男くんに電話をしなくちゃいけないけど、
たぶん、通じないだろうと思いました。
以前福岡県西方沖地震の時、
いとこの家にしばらくは全く通じなかったからです。
途中、奇跡的に通じて、
お互いの無事を確認しました。

なべ男くんはその時、会社の28階。
長周期地震動により、机にしがみつかないと、
危険な状態だったそうです。
幸いなことに、会社のビルは出来たばかりで、
倒壊の心配はなかったそうですが、あまりの揺れとその長さに
気分が悪くなる女性社員も大勢いたとか。

まぼを迎えに行くと、校庭にいました。
まだ帰りの会の最中だったらしく、ホッとしました。
泣いている子もいましたが、
まだ、ことの重大さはわからない小学生。
初めての揺れと友達効果で興奮気味でした。

途中、大きな余震により、家から飛び出してくる方や悲鳴が聞こえます。

家にたどり着いてTVを付けると、
港に船が突っ込んでくる、建物が濁流に飲まれている映像でした。

この中に、どれくらいの人がいるの・・・

ここは海から1キロです。
湘南でも大津波警報のサイレンが鳴り響いています。

~直ちに建物の3階以上に避難してください~

「まぼ、避難しよう。津波が来るかもしれない。」

警報が解除されるまで、
北上した公園の駐車場にいるつもりでした。
とりあえず、ジャンパーだけ着て、
車で公園に向かいました。
ガソリンがあまりありません。

警報は一向に解除されませんでした。
ガソリンがないので、寒さの限界がくるまでエンジンを止めました。
公園の管理の方が

「今日はここは締めないから、ずっといていいよ」

と言ってくださいました。
公園の大きな駐車場は時間を追うごとに避難の車であふれてきました。

電車は全て停まってしまって、迎えに行く家族で道という道は
大渋滞とラジオで言っています。

携帯の災害伝言板で、なべ男くんは会社に留まることがわかりました。
寒ささえ除けば、この公園に居る方が安全だと判断し、
朝まで留まることにしました。
余震の数も凄かった。
緊急地震速報もひっきりなしに鳴るので、
眠るところではありません。

ラジオでは情報が錯綜しているためか、ずっとクラッシックを流しています。
こういう時はクラッシックを流すんだなぁ・・・
とぼんやり思いました。
その優雅な調べが、今起きていることの悲惨さを
余計際立たせているように感じたからです。

あの日、まぼが怖がらなかったこと。
それが一番助かりました。

あれから一年。
放射能の恐怖。
留まることのない余震。
震え上がる情報。

その中でも生活は留めることは出来ない。
なべ男くんは、相変わらず忙しくて、まぼは学校に通い、私も今まで通り。
表面上、何も変わらない日々。

けれど、私の中で全てが変わりました。
今まで、こんなに感謝したことはなかった。
全てに感謝した一年でした。
家族が健康なこと。
家があること。
食べるものがあること。
夜になれば、明るい明かりが灯ること。
温かいお風呂に入れること。

戦争や関東大震災を乗り越えて、
命を繋いでくれた天国の祖父や祖母にも。
数々の天災・災害を乗り越えて、日本をここまで発展させた先人達にも。

私はこの感謝を生涯忘れません。
亡くなった方達の分も、残された時間を大切に生きようと思います。
どうぞ天国から、日本の復興を見守ってください。

皆さんも、今日はきっとそれぞれの思いをお持ちでしょうね。
[PR]
by mrs-nabeko | 2012-03-11 01:16 | 思うこと・・・ | Comments(0)

スマホデビュー

c0135795_9463679.jpg
なべ男 「専業主婦はスマホいらないんじゃないの?」

確かにーーーーーーーーーー!!
でも、外出先でもネットが使えると便利ですねぇ。
携帯を新しくするたびに、その進化に目を白黒させますが、
スマホはソンなもんじゃすまない。
まずは分厚い取説がないのにはぶっ飛びましたよ。
使い方がわからないじゃないですか!
これでいいんですか?
使うより慣れろ?そうですか。
では、早速電話帳を移して・・・
今までの画像やムービーも全部SDカードに移して・・・
よしよし。
私だってまだイケる。
若い子だけのスマホじゃないわ!フォッフォッフォ!!

・・・。
ん?
私の撮り溜めた、さっきスマホに移したばかりの画像達はどこ?
ここ?違う・・・じゃここ?・・・え?SDカードにもない・・・。
スマホのハードってどうやって見るの?え?え?え?

も、もしかして、
今までの画像が、き、消えた!?

それからauのお兄さんと電話で一時間。
それはそれは、ありとあらゆる方法で一緒に探してくれました。

そして、そして。
最後の言葉は

「大変申し訳ございませんが、これ以上お役にたてません。」

ガ━━(゚ロ゚ノ)ノ ━━ン!

号泣

「♫♬じょ~さん、じょ~さん、おなななながいのね、
しょ~よ、かしゃんもながいんよ~♫♬
(象さん、象さん、お鼻が長いのね そうよ 母さんも 長いのよ)」

「まーくん、ママがだいしゅき~~~~~~」

そんなそんなまぼの幼い記録も全て、全て、全て消えてしまった。

特に無理な操作はしなかったつもりです。
PCに落とさなかった。
SDカード以外に保管しなかった。
自業自得です。
辛いです。

皆さんも、大切なファイルは、もうなさっていると思いますが、
くれぐれも、できれば数カ所に保管してくださいね。
[PR]
by mrs-nabeko | 2012-03-07 09:51 | 思うこと・・・ | Comments(2)

c0135795_8501756.jpg


なべ男くん42歳、めでたく厄明けでございます。
パチパチパチ。
厄が明けても、ろくに休みもない激務には変わりがありませんので、
引き続き、身体に注意して健康でいていただきたいです。

今日はまぼが鬼をやるということで、
それでは容赦なく豆まきさせていただくことにしましょう。

これから、恵方巻き作りの買い出しに行ってまいりま~す!
[PR]
by mrs-nabeko | 2012-02-03 09:32 | 思うこと・・・ | Comments(0)

湘南茅ヶ崎で家族三人のんびり暮らしています
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30